下取りされた車のたどる道

ディーラーが新車販売をするとき、それまでお客さんが載っていた車を下取りするのが常識的でした。近年、完全にその流れが変わりつつあるようですよね。何度か乗り替えを経験した賢い消費者は、下取りに出さずに買取に出すのが常識化しています。

では、この下取りされた車はどのように販売されるのでしょうか?

ワンオーナーで、ディーラーでしっかり整備された経歴の車は、下取り車の中では素性の良い車としてディーラー系列の中古車部門のお店に流れます。そして、通常、関連会社であるにもかかわらず、ディーラーは、系列企業に下取り額よりも高く売るわけです。ここで利益を生み出しているのですね。

 

従って、下取りに出すのなら、メーカー系の中古車店に直接持ち込んだほうが下取り額を上回るということは察しがつきます。ただただ、面倒くさい!そう言う理由で販売店に言い値で下取りされている方がまだまだいらっしゃるようです。

素性のよくない車はどこへ?

では、ワンオーナーではなく、整備もしっかりされていたのかどうか不明?ヘビースモーカーが乗っていた。そんな車は何処へ行くのでしょうか?これは、多くの場合クルマ専門のオークションに持ち込まれます。大手の買取店でもそうですが、自社で販売するべきか?オークションで転売するべきか?海外へ販売するか?車の程度によって車がたどる道は様々です。

意外と高く海外に売れる車

新車のディーラーは、どのような車が海外で高く売れるかは、ほぼわかりません。当然ルートがないからです。ただ、買取専門店では、どのような車が海外に高値で売れるか知っています。車の状態で持っていくのか部品をバラすのか?数多くのルートを持っていると意外な高値で車が売れる場合があるのです。例を挙げると古い4WD車、マニュアルの車、トラックなどでしょうか?

 

こういった車の場合は、下取りに出すと値がつかなかったりしますが、実はかなり良い値段がついたりするのです。結局は、常に需要と供給のバランスが問題なので、中古車は、下取りに出すよりも買取に出したほうがかなりお得と言えるのではないでしょうか?