雑誌の時からの信頼感

carsensor

40代後半の方より上の世代の方は、カーセンサーへの絶大な信頼があると思います。雑誌の時代には、かなりいい加減な車の写真を掲載している中古車業者があったりしましたが、多くの場合カーセンサーの誌面から姿を消さざるを得なかったのではないでしょうか?何が良いかといって、日本全国をほぼ完全に網羅しきっている点でも、車の情報に関してはどこの追随も許さないことでも誰もが認めるサイトと言えると思います。

 

これだけの情報がいつでも無料で見られるのですから、本当に時代は変わったのですね。個人的に管理人も中古車の市場調査の時は完全にカーセンサーだよりです。様々なサイトを見て感じるのは、結局は、自社で扱っている車だけですが、カーセンサーの場合には、車の台数が桁外れに多いからです。

 

もしも、自分の売りたいと思っている車が最近いくら位で買い取られたかしりたいとか、最近遠くらいの価格で売られていたか知りたいといった場合に、確実に似たデータを無料で見られるサイトはほかにないと思います。

大手の買取店だけではなく小さな会社の把握も完璧

カーセンサーのサイトは、買取を依頼する際には、かなり入力項目が多くちょっと面倒だったのですが、それでも多くの人からの安心感という部分で、ものすごく申し込み数が多いのです。実際にウェブクルーやエイチームのように紹介するのが仕事という会社と若干、趣が違うのと信頼感という部分でやはり有名なカーセンサーを選ぶ方が多いのが最大の特徴ですね。

 

最近では、かなり入力項目も簡略化されて、少しは手間も減った感じですが、ウェブクルーやエイチームには、かなわないのかもしれません。個人的には、雑誌の読者でもったので、カーセンサーには期待しています。

 

⇒ カーセンサーのサイトへ

こちらからも申し込めるようになりました!

carsensor関連ページ

WebCrew
強大なライバル出現で再度全力を尽くす姿が刺激的な会社ですね。
Ateam
過去最速で東証一部上場は、伊達ではない勢いです。この会社の進歩がこういうサービスの価値をどこまで高められるのか注目ですね。
carview
車の買取サービスを初めてシステム化した会社です。
rakuten
楽天のネットワークでも、車の買取に力を入れているようですね。ここの会社は、扱い高第一主義みたいのので車の金額が魅力的なんでしょうね。