虎視眈々業界ナンバーワンの座を狙っている会社

Ateam

エイチームという会社の名前の由来は、起業した社長さんが映画の『特攻野郎Aチーム』が大好きだかららしいです。個性あふれるスペシャリスト集団が楽しく愉快に仕事を成し遂げていくという会社にしたかったのだろうか?と想像を巡らせていますが、多分それほど外れてはいないのではないかと思います。

 

東証マザーズから東証一部に上場するまでの過去最速記録を塗り替えたという現実は、社会に認められる仕事を続けていない限り不可能だと思うのです。単に経営者が儲けたいだけでは、誰もついていかないでしょうし、東証一部には上場できないはずですよね。

 

ウェブの進化も驚異的です。

エイチームの凄さは、ホームページの進化の凄さでもあります。もともとがITの技術者集団であるがゆえに、考えているレベルがケタ違いのようですね。多くの会社がこういったシステムを外注化しないとできないわけですが、この会社はデザインからシステムまでをすべて自社でやってしまっているそうです。

 

当然、営業力がなければ、これほどまでに短期間に信頼を得ることができなかったはずですので営業力も半端ではない感じがします。プログラマーとか、技術がひとり歩きすると人間が見てどうなの?と首をかしげたくなるようなものができても一向に不思議ではないはずなのですが、、そんなところにまで手が届いている感じがちょっと憎たらしいくらいのすごい会社だと思います。

 

⇒ エイチームのかんたん車査定ガイド

こちらから申し込みできます!

Ateam関連ページ

WebCrew
強大なライバル出現で再度全力を尽くす姿が刺激的な会社ですね。
carsensor
雑誌を毎週のように買っていたことを思い出します。今では、あの雑誌よりもずっと多い情報量が無料で提供されていますから、本当に良い時代になりましたね。
carview
車の買取サービスを初めてシステム化した会社です。
rakuten
楽天のネットワークでも、車の買取に力を入れているようですね。ここの会社は、扱い高第一主義みたいのので車の金額が魅力的なんでしょうね。