走行距離100000km以上の車の買取相場

新車登録から10年〜20年くらいという感じでしょうか?
こうなってくると売るというよりも処分するという考えが先に立つのかもしれません。
実際に、10万キロ以上走っている狂あを売ろうと思っても買ってくれる会社はそれほど多くはないのかもしれません。

 

ただ、トラックなどのディーゼル車や4WD車など特殊な車両は、年数や走行距離に関係なく部品を交換したのはいつか?ということでかなりの金額が出るケースもあります。廃品回収業者などは、結局ゴミの中からそういう部品を取り出したりすることで成り立っているわけですから、買取にチャレンジしてみるのは決して無駄ではないと思います。

 

走行距離10万キロを超えているセルシオが100万円近くで買い取られた例もあるようですから、全く分かりません。壊れないということで言えば、タイミングベルトを交換したセルシオやレクサスの車などは、現役で充分走ると思います。部品さえあれば、30万キロくらいは何でもないと思います。使えるのであれば、捨てずに長く使うということも大切ですもんね。

走行距離よりも年数?

100000kmを超えた車で一番肝心なのは、タイミングベルトの交換をしてあるかどうかだと思います。日本の車は、そう簡単にタイミングベル緒が切れることはありませんが10万キロを超えていればいつ切れても不思議はないわけです。もし切れてしまったら大変な修理費が発生してしまいますからね。そいうことで言うと交換していない車を買取する業者は、とっても買取額を高くは出せないと思うのです。

どこの買取店が良いか?

走行距離100000kmを超えてもまったく問題ない車はあります。しっかり整備して、部品をしっかり交換しているかどうかです。普通の業者であれば、ショックを交換しているかどうか?シートを交換しているかどうか?など見ればすぐわかるはずです。整備記録がしっかりしているのであれば、車によっては思わぬ買取額が出る場合もあるようです。

 

ただ、どこの買取店が高く買ってくれるのかはさっぱりわかりません。やはり、一括査定がおすすめですね。

100000q以上関連ページ

10000q
走行距離10000kmくらいの車の買取査定額は?
20000q
走行距離20000kmくらいの車の買取査定額は?
30000q
走行距離30000kmくらいの車の買取査定額は?
40000q
走行距離40000kmくらいの車の買取査定額は?
50000q
走行距離50000kmくらいの車の買取査定額は?
60000〜70000q
走行距離60000〜70000kmくらいの車の買取査定額は?
80000〜90000q
走行距離80000〜90000kmくらいの車の買取査定額は?